産後に骨盤調整がオススメされる本当の理由

羽島市のしち整体院&志知整骨院では、骨盤を矯正する方法を骨盤調整として、出産退院後すぐから対応できるようにしています。
産後に骨盤矯正が良いとされる理由には、出産後の女性の身体の変化で陥りやすい2つのことが関係しています。

1.出産による骨盤の開き、10カ月間にもなる妊娠期間の筋力低下もあって、身体の土台となる骨盤に開きや歪みが残ってしまいやすいという点

2.出産後数カ月は、出産体型を促進する「女性ホルモン」の働きで関節が緩み、脂肪を蓄えやすい身体から戻ろうとする時期であるという点
の2つです。

多くの治療院は一番目を取り上げて骨盤矯正が効果的であるとしています。
 確かに効果はあるのは間違いはないのですが、本来肩や股関節のように自由に動くことのない骨盤が、調整しやすいのには、妊娠時の「関節を緩める女性ホルモンの働き」の影響が残っているからであり、「女性ホルモン」を踏まえた身体の変化こそ、意識すべき点だと考えます。

その為、当院では、「女性ホルモンの働き」が残っている時期に行うことが、患者さんが痛い思いをせずに済む時期であり、同時に「産前の体型にもどりたい」という人にとって、半年後、1年後に同じ骨盤調整を行うよりも、非常に効果が高い時期が産後なるべく早い時期であると考えているのです。

志知接骨院の産後の骨盤調整はホルモンバランスも整えます。

sango0002
 妊娠時の「女性ホルモン」の中に、関節や靭帯を緩める「リラキシン」というホルモンがあり、このホルモンは出産を機に分泌されなくなります。すると、関節や靭帯が身体をしっかり支えるために、ガッチリ固くなってゆきます。

 例えば、骨盤が開いたところに内臓が落ち込むことでポッコリお腹になってしまったり、歪んだ状態で固くなることで、腰痛や立ち仕事での膝、股関節の痛みなど不調が慢性的なものとなってしまいやすいのです。
 産後のプロポーションの崩れは、「リラキシン」の影響が残っている間に、身体の土台である骨盤を締め、歪みを取り除き身体の負担を軽くする施術をすることで防ぐことができ、まだ柔軟である関節を調節することになるので、効果も高くなります。

さらに、妊娠期から出産後に変わる体内にも良い刺激となります。
 出産後の骨盤の恥骨、仙腸関節を締めると同時に、「出産は終わったよ」これからは「自分の身体を守り、支える時期ですよ」とホルモンを分泌する脳下垂体へ適格に伝える役割を行います。
 プロポーションやスタイルに影響が出やすく、妊娠を機に体質が変わった、腰回りにお肉が付きやすくなったと感じる方は、栄養や水分を脂肪にため込むホルモンの分泌が影響している可能性があり、産後早めの骨盤調整で予防改善できる可能性があります。

当院の骨盤調整は骨盤を整えるだけでなく、髄液、神経、リンパといった体内の流れを調整する施術と並行して骨盤調整を行うという手順をとても大事にしております。

産後の骨盤調整はいつまでに行うのがよいのか?

 当院で行う産後の骨盤調整でのおすすめは、退院直後から4カ月くらいまでをオススメしています。
 それは、産後半年くらいが矯正をすることで高い効果を期待できるため、なるべく早くから始めることを推奨しています。

 もちろん、それより後であっても不調や痛み、プロポーションを変化させることは可能です。

ですが、出産時のホルモンを活用している産後矯正のため、直後からケアしている場合と比べると、時間がかかる可能性があり、悩んでいる痛みの症状や状況によっては、電気治療などを産後骨盤調整と別のご提案させていただく可能性があります。

より、患者さんが痛みに苦しまず、悩みを事前に解消することを考えると出産後早い時期に骨盤調整されるのが良いでしょう。
当院では、ソフトな矯正を使っているため退院直後からの施術が可能です。
ご興味がある方はお電話でご相談ください。

あなたの痛み・辛さを早期改善するお手伝いをします。
まずはお気軽にご相談ください。
志知接骨院
お問い合わせはこちら
志知接骨院

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


Parse error: syntax error, unexpected 'endif' (T_ENDIF), expecting end of file in /home/redtag/shichi-sekkotsuin.jp/public_html/wp-content/themes/simplicity2-child/buttons-footer-mobile.php on line 152